前へ
次へ

自己破産すると引っ越し不可能になるのか

自己破産の手続きを行った後には、色々な制約は生じます。
しばらくクレジットカードは発行できなくなりますが、状況によっては引っ越しの制約も生じます。
自己破産の手続きが進行中の状態ですと、管財の手続きが行われる事もあります。
ただ、それも金額次第です。
金額が比較的大きい時などは管財の手続きが行われる事も多いですが、少額な時は管財の手続きは行われません。
それで前者のように管財の手続きが行われている最中は、引っ越しはできない状態になります。
ただ引っ越しできないと言っても、ずっと続く訳ではありません。
管財の手続きが完了した後は、引っ越し可能な状態になります。
つまり破産手続きが完了すれば、引っ越しできるようになる訳です。
また借金の金額があまり大きくなければ、そもそも管財の手続きは行われませんから、引っ越しが制約される訳ではありません。
よく「破産すると引っ越しできなくなる」と思われている事がありますが、それは誤解です。
引っ越しできない事はありますが、それも数ヶ月程度です。

Page Top