前へ
次へ

自己破産の手続きは1回限定になるのか

自己破産という手続きは、一生に一度限りであると思われている事も多いです。
一度破産を行えば、二度とその手続きは行えなくなるというイメージが持たれている事もありますが、実際はそうではありません。
たとえ一度は自己破産を行っても、もう一度手続きを進める事は可能です。
ただ2回目以降の場合、2つの注意点があります。
まず経過期間です。
1回目の破産を行った時から数えて、少なくとも7年ぐらいは経過している必要があります。
極端な例ですが、破産した翌年にもう一度手続きを行うことはできません。
最低7年は待つ必要があります。
もう1つの注意点ですが、2回目以降は若干審査が厳しくなります。
そもそも自己破産の手続きは、裁判所が判断します。
裁判所が色々な状況を確認した上で、本当に難しいと判断された時には、自己破産の手続きを進める事は可能です。
しかし2回目以降は、裁判所の審査も若干厳しくなる事も多いです。
ただ2回も破産するケースは、あまり多くありません。
破産するにしても、たいていの方々は1回のみです。

Page Top