前へ
次へ

自己破産は誰でも行えるのか

自己破産を行いますと、借金の返済も免責になります。
返済総額が大きい時などは、前向きに検討してみる価値はあります。
ただ破産手続きは、誰でも行える訳ではありませんから、注意が必要です。
まだ余裕がある時などは、手続きは少々困難であると見て良いでしょう。
というのも自己破産には条件があって、支払いが不能かどうかを確認されます。
色々な観点から資産状況を確認してみた結果、まだ余力があると判断された時は、手続きを進めるのは難しい事もあります。
ですから例えば「返済を続けるのは少々苦しいものの、何とか生活できる」程度ですと、手続きを進めるのは少々困難です。
若干の余裕はあると見込まれるからです。
しかし生活自体が困難な場合は、その限りではありません。
借金の返済が著しく困難で、明日の食事を確保するのも難しい状態であれば、特に問題なく申し立てできるケースが多いです。
生活にどれぐらいの支障が生じているかを確認した上で、自己破産できるかどうか決定される訳です。
ちなみにその決定を下すのは、裁判所になります。

Page Top