前へ
次へ

自己破産すると10年程度はリストに登録される

自己破産を行った後は、しばらくはクレジットカードは作れない状態になります。
またローンに関するカードも、しばらくは作れない状態になりますが、それもずっと続く訳ではありません。
長くても10年程度になります。
ただしキャッシュカードやデビットカードは作れます。
なぜ10年程度はカードを作れなくなるかというと、金融業界のリストに登録されるからです。
金融業界では、自己破産に関するデータは残るようになっています。
一旦リストに登録されると、だいたい10年間ぐらいは記録が残りますから、しばらくカードも作れなくなる訳です。
ちなみにそのリストは、金融業界の多くの業者が確認できるようになっています。
パソコンにも自動反映されるシステムになっていますから、どの金融業者で申し込みをしても、カードはしばらく作れません。
しばらくは、ローンを組むのも難しい状態になります。
とは言うものの、最長10年です。
人によっては5年程度でリストから情報が消える事もあります。

Page Top